サッカーの試合後の振り返りと親の関わり方

ジュニアユースナビ-サッカーの試合後の振り返りと親の関わり方-TOP画像

サッカーの試合が終わった後、子どもたちにとってその振り返りの時間は非常に重要です。ここでの親の関わり方が、子どもの成長やモチベーションに大きく影響します。
以下では、試合後の振り返りと親の関わり方についての具体的なアドバイスを紹介します。

1. まずは労いの言葉でねぎらいます

試合を終えた子どもたちは、様々な感情を抱えています。
勝利の喜び、悔しさ、達成感、疲労感…。
まずは労いの言葉をかけ、その気持ちを受け止めてあげましょう。
「よく頑張ったね」「最後まで諦めずにプレーしたね」といった言葉は、子どもにとって何よりの励みとなります。

2. 良いところを見つけて「具体的に」称賛します

結果だけに目がいきがちですが、大切なのは「できたこと」に目を向けることです。
パスが通った場面、果敢なディフェンス、チームワークを発揮した瞬間など、どんな小さな成功でも具体的に称賛しましょう。具体的な称賛の言葉は、子どもの自信をぐっと育みます。

ジュニアユースナビ-サッカーの試合後の振り返りと親の関わり方-画像①

3. 改善点は「提案」ではなく「質問」で

もちろん、改善点も指摘する必要があります。
しかし、そこで大切なのは「上から目線」ではなく、「対話型」のコミュニケーションです。「ここはこうすれば良かったんじゃない?」ではなく、「次はどうしたら良いと思う?」と、子ども自身が考えるきっかけを与えるように質問しましょう。
「なぜそう思ったの?」「別の選択肢はあったの?」といった問いかけが、主体的な思考を促します。

4. チーム全体のパフォーマンスにも目を向けます

個人の成長だけでなく、チーム全体の良かった点、改善点にも目を向けることで、協調性やチームワークを育むことができます。「今日はチーム全体でよく守備ができていたね」「もっと仲間と連携すれば、もっと良い試合になったと思う」といった声掛けは、チームとしての成長を促します。

ジュニアユースナビ-サッカーの試合後の振り返りと親の関わり方-画像②

5. 子ども自身の意見を尊重します

一方的に話すのではなく、子どもの意見にもしっかりと耳を傾けましょう。
「今日の試合、どうだった?」「もっとこうすれば良かったと思うことは?」と、子ども自身が振り返りを主体的に行う環境を作りましょう。共感と理解を示すことで、子どもの思考力や表現力を育むことができます。

まとめ

試合後の振り返りは、単なる反省会ではなく、子どもの成長を促す貴重な機会です。親御さんの愛情とサポートによって、子どもたちはサッカーをより楽しみ、技術だけでなく人間としても大きく成長していくことができるでしょう。

関連記事

  1. 中学生のサッカー少年のサポートと成長の促進方法-TOP画像

    中学生のサッカー少年のサポートと成長の促進方法

  2. 試合でのメンタル強化術:プレッシャーに打ち勝つ方法

  3. モチベーションがサッカーのスキル向上やチームへの貢献に与える影響-TOP画像

    モチベーションがサッカーのスキル向上やチームへの貢献に与える影響

  4. 勉強とサッカーの両立方法-TOP画像

    勉強とサッカーの両立方法

  5. おすすめサッカー漫画特集-TOP画像

    おすすめサッカー漫画特集

  6. ジュニアユースナビ-2024年U14日本代表

    ナショナルトレセンU-14(2024年)