君は何キック?

屋良充紀(やらみつとし)コラム-君は何キック
ある日のこと、小学生の子ども達とボールを蹴っていた時。
その中の一人が距離があるのに、ズドーンと、それもゴール手前でストンと落ちて、ドライブまでかかって、もう一回やってみろって言われたって出来ないだろうっていうくらい、すごいゴールを決めた。
いや、実際には決まっちゃったのかもしれないけど、僕は素直にスゲーじゃんって、拍手をした。
でも、その子ども達の中に妙な事を言う奴がいた。
「でも、あいつ、いつもトウキックじゃん」(この台詞はエコーをつけて読んで下さい。)
さて、そろそろ今回のお話に入りましょう。
僕は、中学生からサッカーを始めた。
最初にボールを蹴った時の方法というか決まり手は、間違いなくトウキックだった。
だって一番簡単だし、とりあえずボカーンって感じで飛ぶでしょ。
他のキックじゃそうはいかない。
僕にとっての魔法のキックだった事には違いない。
ちょっと待てよ、その時も誰かいたな、そこそこ上手かった奴に「お前、トウキックしてんじゃねーよ」なんて言われた事を、今でも憶えている。
そもそも、何でトウキックが悪いの?
振りは小さくて立ち足とは、関係なくボールは鋭く速く飛ばすことが出来る。
これにドッチボールの時よく使った「あっち向いて、こっち投げ」よろしく、顔も立ち足も、あっち向いといて、こっち蹴りなんて技をプラスすればゲームの局面を変えるスルーパスに、ゴールキーパーもすっかり職されるシュートにと、こんなにトリッキーなキックはないでしょう。
屋良充紀(やらみつとし)コラム-DVD
僕が1991年に、sao caetano(サンカエターノ)というチームにいた時に、82年ブラジル代表の9番つけていたセルジーニョシュラッパと、チームメイトだったんだけど、彼はまさにトウキックのスペシャリストだった。
あらゆる場面にこのトウキックを使い、ドリブルシュートの時も、思い切りトウキックでぶったたいて蹴っていた。
このキックがキーパーの手前で落ちるのだ。コースも自由自在に変える事が出来て、いつもキーパーがたじたじになっていた。
フリーキックも、もちろんトウキックで、あたった時にはもの凄いドライブがかかって、ゴールに突き刺さっていた。
このセルジーニョ、公式戦でも平気でトレシュー履いて、つるつる滑っていた。
まったく、なめたもんだ。
同じく、サンパウロ州リーグのInternatinal de Limeila (インテルナシオナル ジ リメイラ)というチームにいた時の、シーナという選手もフリーキックの時、ボールをセットしたらそのまま真横に助走をとり、本人日く、足の親指の爪でボールの真ん中より下をこすりあげる様に、つっつく様にミートするんだそうで、実際シーナは、このキックで、鋭く落ちるボールを蹴っていた。
そもそもブラジル人は、どこで蹴ろうがまったく関係なく、自分が得意であればそのキックを多用する。
トウキックをよく使う選手同様に、アウトサイドキックをこよなく愛する選手も非常に多い。
これは、裸足でプレーしていた少年期につま先を地面に擦らない様にキックしていたら、自然にアウトサイドキックになっていたんだという。
(ブラジルではTreis dedo, 三本指という名前で呼ぶ。外側の三本指にあてるからこの名なのである)
ブラジルだけでなく、少年期に裸足でプレーする機会が多い国の選手のキックは、実に多彩で無理が無い。
無理すると足が痛くなっちゃうから、自然とボールタッチが柔らかくなるんだろう。
何かのインタビューで、マラドーナがこんな事を言っていた。
どこで、どう蹴るかなんて考えた事も無い。僕は、僕独自の自分に一番あった蹴り方をしているだけで、色々なキックを生み出すのは、それぞれの個性であり、想像力なんだと思う」と。
トウキックをもっと使おう!
そして「トウキックじゃねーかよ」なんて言っちゃうナンセンスな発想が、子ども達の気持ちの中に現れない様な指導が、当たり前にならなければ、本当にファンタスティックなプレーヤーは出にくいんじゃないかと思う。
やらり〜
屋良充紀(やらみつとし)コラム用バナー
屋良充紀プロフィール
やら・り〜の俺に言わせろ
【ライセンス】
・日本サッカー協会公認A級U12コーチ
・日本体育協会指導員
・ブラジルサッカー連盟サンパウロサッカー協会公認指導者コース終了
・コロンビア、アンティオキアサッカー協会指導者コース終了
【選手歴】
・モンチ・ネグロFC(90/2~90/12 ブラジル)
・ECコメルシアル(91/2~92/1 ブラジル)
・ECサント・アンドレ(92/4~92/12 ブラジル)
・GEマウアエンセ(93/1~93/6 ブラジル)
・グリーン・クロス(95/5~95/8 エクアドル)
・インデペンディエンテ・サンタフェ(99/5~99/12 コロンビア)
【指導歴】
・エスコリーニャFC 代表・監督(94~現在)
・インデペンディエンテ・サンタフェ 選手兼任でサテライトチームコーチ(99/7~99/12)
・横浜FC泉Jrユース 監督(2000/10~2007/3)
・神奈川県立和泉高等学校サッカー部外部コーチ(2005/4~2006/3)
・シリアフットボールアカデミーU14、12 ヘッドコーチ(2008/1~2009/6)
・シリア代表コーチ兼テクニカルスタッフ(2008/10~2009/6)
・kazuSCJr.ユーステクニカルアドバイザー(2009/11~)
【メディア出演】
・「もぎたて朝一番」 火曜日フットサルのコーナーでレギュラー出演
・「とんねるずの生でダラダラいかせて」 ノリタケ少年サッカー団コーチ
・「ヤラッチのサッカー見聞録」 司会
・「YCV保土ヶ谷区少年フットサル大会」 解説
・「サッカー天国!~O Paraiso de Futebol!~」
・「青空へシュート!(監督:すずきじゅんいち 主演:宍戸開)」
【執筆記事】
・JFAシリア派遣レポート
 
メディア出演・講演会依頼はこちらから

    会社名 (必須)

    お名前 (必須)

    電話番号 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メディア種類

    関連記事

    1. 屋良充紀(やらみつとし)コラム-カルチャーショック

      カルチャーショック

    2. 屋良充紀(やらみつとし)コラム-フットボール?それとも蹴球?

      フットボール?それとも蹴球?